新規契約の際は月額制で料金が分かりやすい業者を探してみよう

クラウドサービスを利用してマーケティングオートメーションの導入を行うにあたり、毎月のコストを最小限に抑えたい場合には、月額制で総額の料金が分かりやすい業者を探してみましょう。最近では、月々数千円から一万円ほどの出費でマーケティングに役立つ基本的な機能を全て利用できる業者も多くあります。そのため、早いうちから法人向けのホームページや契約者の口コミをもとに顧客対応が良い業者の特徴を調べてみるのがおすすめです。また、業者によって利用可能な機能やサービス内容に違いが見られるため、時間に余裕があれば低価格のお試し期間を利用して一通りのサービスを利用してみるという方法もあります。なお、マーケティングオートメーションの必要性について迷っている時には、法人顧客を対象とした無料相談窓口がある業者を選ぶことが大切です。

トラブル時にエンジニアがサポート対応してくれるか確認しよう

継続してクラウド型のマーケティングオートメーションのシステムを使う際は、契約前にトラブル発生時の対応についてよく把握しておく必要があります。マーケティングオートメーションのシステムを提供している業者の中でも、トラブル発生時に専属のエンジニアが対応してくれるところや、場合によって会社まで駆けつけてくれるところは、多くの法人の間で支持が集まっています。こうしたアフターサポートが手厚い業者は、毎月の契約料金が高くなる傾向が見られるため、じっくりと各業者の料金体系を理解しましょう。その他、自社内にIT分野に詳しい従業員がいなければ、マーケティングオートメーションの機能を上手く使いこなすために、外注先のエンジニアに定期的にアドバイスをもらうのも良いでしょう。